活動について

ロヒンギャの小中学生が学ぶ、たてばやしオンライン学習支援教室

「ロヒンギャ」は「世界で最も迫害されている少数民族」と言われています。
また、日本にも300人ほどのロヒンギャの方々が暮らしており、その多くが群馬県館林市に集住しています。

日本での生活が長くなり、親御さんたちから、その子どもたちの教育に関する相談が寄せられるようになり、当団体としても何かできることがないかとずっと考えてきました。

 

そして、2022年2月、一般財団法人ファーストリテイリング財団の助成を受けて、
「オンラインの学習支援教室」を実施することとなりました。

学習支援ボランティア募集しています

ボランティアの募集に関しては、こちらをご覧ください。
また、ボランティアに関する活動説明会についてはこちらをご覧ください。

活動紹介はこちら

活動の内容については、さぽうと21ニュースレターvol.73をご覧ください。


(現地開講式の様子)

pagetop